ホーム > 始めに読んでね。「1人で悩まないで」

始めに読んでね。「1人で悩まないで」

このサイトは、望まない妊娠、或いは予定外の妊娠や、妊娠後に事情が変わって、どうしたらいいのかわからず、誰に相談することもできずに、たった独りで悩んでいる女性に、できる限りの情報を提供するために開設しました。
妊娠した女性は、たった数週間で、すべての結論を出さないといけません。しかも、予定外の妊娠をした女性は、周囲に相談できず、たった独りで悩んでいることが少なくありません。

だけどどうか、独りで悩まないで!
どうしたら赤ちゃんと貴女のために一番いい未来を選べるのか、一緒に考えましょう。

ちゃんとした情報を届けたい

こうのとりのゆりかごが世間を賑わせて、随分経ちます。でもご存じでしょうか?こうのとりのゆりかごは、決して赤ちゃんを預かることが目的ではなく、いろいろな相談を受け一緒になって考え、そして解決策を見つける「新生児相談室」なのです。

できるだけ早い内に、可能であれば妊娠中に、相談して欲しいと、こうのとりのゆりかごでは明言しています。


しかしこの事は、あまり知られていません。マスメディアが、赤ちゃんを保護する「ゆりかご」の設置ばかりを強調し、妊娠初期のお母さん達を手助けするという本来の相談業務のことをきちんと報道しなかったからです。

その結果、本来は、お母さんが育てられない赤ちゃんを特別養子縁組する事が「こうのとりのゆりかご」の目的だったはずなのに、赤ちゃんの大半が施設に送られるという、悲しい事態になっています。多くの民間NPOでは赤ちゃんを待っている養親希望のご夫婦がたくさんいらっしゃるにも関わらず、です。
困り、悩んでいるお母さん達のところにもっと情報が伝わっていれば、たくさんの赤ちゃんが、温かな家庭で健やかに育っていたかもしれないのに……。

近年、予定外の妊娠・望まない妊娠や人工中絶に関してのWebサイトが多く開設されています。

ただ、それらのサイトは、人工中絶に関しての知識や性教育関連の情報提供に特化していることが多く、生むか生まないかの選択を余儀なくされている妊娠初期の女性に対する情報を提供しているサイトは、とても少ないのが現状です。


そんなお母さん達に、少しでも多くの情報を提供し、その選択の手助けをしたいと、私は願っています。
お母さん達がどんな選択をするにせよ、おなかの赤ちゃんのための未来を精一杯模索し、全力で努力し、その結果として決断してくれることを、切に願います。